2022年11月28日

「地域を開く未来世代へのメッセージ~30年後の未来を展望しよう~」

SDGs講演会の開催について

 

12月14日(水曜日)、おぐに開発総合センター集会室にて、東洋大学名誉教授 青木辰司(あおきしんじ)氏を講師に迎え、「地域を開く未来世代へのメッセージ~30年後の未来を展望しよう~」と題してSDGs講演会が開催されます。

お申込みは、下記フォームよりお申し込みください。

 

~今日の小国町を創りあげた先人たちは地域の「たからもの」です。そして、これからを担う若者も大切な地域の「たからもの」です。

 ひとりひとりがお互いをリスペクトし、いままでの「歩み」を生かしながら、持続可能なまちへ。

 世代を繋ぐバトンパスへのヒントをお話しします!~

 

 

 

日時

12月14日(水曜日)18時30分~20時30分

 

会場

おぐに開発総合センター集会室(入場無料)

 

講師

東洋大学名誉教授 青木辰司(あおきしんじ)先生

 

申込方法

こちらの申し込みフォームに必要事項を入力の上、送信するか総合政策課(62-2264)までお電話でお申込みください。

 

 

 

 

2022.11.28-001.jpg

問い合わせ先
小国町役場 総合政策課
TEL
0 2 3 8 - 6 2 - 2 2 6 4
PDFファイル
講演会 (チラシ)(小国町).pdf
固定リンク
http://www.gt-yamagata.com/info/2022/11/001338.html

2022年11月17日

「消費者を引きつける農畜産物の情報発信のあり方について」セミナーのご案内

 

「消費者を引きつける農畜産物の情報発信のあり方について

 ~地域ブランディングを農の切り口から~」

 

新型コロナによる行動制限の緩和がすすむ中、自治体は観光コンテンツの見直しや二拠点居住などの新しい生活様式への対応として、魅力ある「地域ブランド」の育成と効果的な情報発信が求められています。

本セミナーでは「農」と「食」こそが地域の魅力・ブランド資源であることに着目し、その考え方や有効な情報発信の手法などについて、専門家の講演や実践事例を交えて考察します。

オンライン配信もございますので、ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。

 

■プログラム

13:30-13:35 開会挨拶 (一社)全国農業協同組合中央会 代表理事会長 中家 徹 氏

13:35-13:40 大臣挨拶 農林水産大臣 野村 哲郎 氏

13:40-14:40 基調講演 静岡県立大学経営情報学部教授 岩崎 邦彦 氏

14:50-15:20 事例紹介① 農林水産省大臣官房広報室長 安川 徹 氏

15:20-15:50 事例紹介② 飛騨市長 都竹 淳也 氏

16:00-17:00 パネルディスカッション 

※17:00以降、登壇者との名刺交換会も予定しております。

 

■開催日時・会場

日時:11月24日(木)13時30分~17時00分 (開場 13時00分)

会場:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

参加費用:無料

 

■申込方法  下記URLよりお申込みください

 http://www.jamp.jiji.com/sympo/2022/12/

Annotate Image.jpg

 

 

関連リンク
http://www.jamp.jiji.com/sympo/2022/12/
問い合わせ先
時事通信社「セミナー事務局」
TEL
03-3524-6697
Eメール
03-3524-6697
固定リンク
http://www.gt-yamagata.com/info/2022/11/001337.html

2022年11月 9日

令和4年度みやぎグリーン・ツーリズムネットワーク大会開催のご案内

 

令和4年度みやぎグリーン・ツーリズムネットワーク大会

「“なりわい”としてのグリーン・ツーリズムを育む仕組みづくりとは?」

 

令和4年度みやぎグリーン・ツーリズムネットワーク大会が12月7日(水)に開催されます。

グリーン・ツーリズムの考え方、実践内容は変化しつつあり、農業、観光、教育の境界を越えた連携も広がり、さらにまちづくり・地域おこしの観点からグリーン・ツーリズムの役割を見直し、“なりわい”として発展・持続できるよう取り組む時期に来ていると考えられます。

将来への指針を見出すべく、「“なりわい”としてのグリーン・ツーリズムを育む仕組みづくりとは?」をテーマとして、基調講演、3名の方々の事例発表、懇親会が行われますので、ぜひこの機会に会場、またはオンラインによりご自宅からも視聴できますので参加してみてはいかがでしょうか。

 

1 日時  2022年12月7日(水) 

      講演・事例発表15:00~17:00

      交流懇親会  17:00~18:30

 

2 会場  パレスへいあん 5階「ボヌールホール」
      (仙台市青葉区本町1-2-2  TEL:022-265-5111)

 

3 定員  会場50名(先着順)/ オンライン30名程度

 

4 内容

(1)基調講演  講師 武田剛さん
   (山形県グリーン・ツーリズム推進協議会農泊アドバイザー)

山形県グリーン・ツーリズム推進協議会は、コロナ禍の中で地方への移住や旅行先として農山漁村地域へのニーズが高まり、農山漁村への宿泊、滞在中の食事や体験等を楽しむ「農泊」が重要になると考えて、農泊関連情報を集約した情報発信や実践者・関係機関等との連携を図った様々な事業を展開。その一端をご紹介いただくとともに、農泊アドバイザーとしての経験から“なりわい”として成功するための示唆に富んだお話をいただきます。

(2)事例発表

・米津 岳さん リロカリコクリ(株)代表取締役CEO   (加美町南小路)

・亀山貴一さん (一社)はまのね・caféはまぐり堂代表理事 (石巻市蛤浜)

・嶋崎康二さん (一社)かかしの一本足かえるのあぐら代表 (柴田町入間田)

 

5 参加費  講演会 無料、 懇親会 5,000円

6 申込方法 別添の参加申込書に必要事項を記入し、申込先宛に11月28日(月)までに電子メール、FAX又は郵送でお送りください。

【主 催】  みやぎグリーン・ツーリズム推進協議会

 

 

 

 

問い合わせ先
みやぎグリーン・ツーリズム推進協議会事務局
TEL
022-211-2866
FAX
022-211-2416
Eメール
info@gtmiyagi.com
PDFファイル
R4NW大会案内・申込書.pdf
固定リンク
http://www.gt-yamagata.com/info/2022/11/001335.html

2022年11月 7日

「東北農泊 スタートアップセミナー 」

 
東北農政局 農山漁村振興交付金(農泊推進対策)事業説明会
「知る・体感する 東北農泊 スタートアップセミナー」が開催されます。
農泊に興味があればどなたでも参加可能となっておりますので、ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。
 
セミナー会場は、農泊を体感できる築170 年の古民家宿「柚子のあぜ道 雨乞のかえる」です。
 
〔とき・ところ〕
令和4 年11 月30 日(水) 13:00~16:50
宮城県柴田郡柴田町入間田字下台26
「柚子のあぜ道 雨乞のかえる」
(会場参加またはオンライン参加のいずれかをお選び下さい。)
 
〔基調講演〕
地域の特性を活かす農泊の魅力
青木 辰司 氏
一般社団法人日本ファームステイ協会品質評価支援研究所所長
東洋大学名誉教授
 
〔事例発表〕
宮城県柴田町
(一社)かかしの一本足かえるのあぐら
嶋﨑 康二 氏
秋田県北秋田市
マタギの宿ORIYAMAKE
織山 英行 氏
 
【申込方法】
申込フォーム(URL https://forms.gle/u1yxYboQrYAi2JYZ9 又はチラシに掲載してあるQRコード)より
必要事項を入力するか、参加申込書をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。
 
東北農政局農泊事業説明会チラシ (002)-01.jpg

2022年11月 4日

「山形で継承されてきた伝統的な食材を次世代に伝えるセミナー」の開催について

 

令和4年11月28日(月曜日)に「山形で継承されてきた伝統的な食材を次世代に伝えるセミナー」が開催されます。

是非この機会にご参加ください。

 

(1)基調講演
    テーマ:「山形県の伝統野菜の現状と課題」
    講   師:江頭 宏昌 氏(山形大学農学部教授)

(2)調理実演
    テーマ:「伝統野菜の特徴を生かした調理」
    講   師:奥田 政行 氏(アル・ケッチァーノ  オーナーシェフ)

(3)パネルディスカッション
    テーマ:「伝統野菜を通じた食文化の継承について」
    ファシリテーター:小野 愛美 氏(合同会社Maternal代表社員)
    パネリスト:江頭 宏昌 氏(山形大学農学部教授)
                     奥田 政行 氏(アル・ケッチァーノ  オーナーシェフ)
                     伊藤 恒幸 氏(藤沢カブ生産者)

 

詳細はこちらをご覧ください。

▶▶▶東北農政局HP

関連リンク
https://www.maff.go.jp/tohoku/press/syouan/syouhiseikatsu/221028.html
問い合わせ先
消費・安全部消費生活課
TEL
022-263-1111(内線4323、4324)
FAX
022-217-8432
PDFファイル
食育セミナーチラシ.pdf
固定リンク
http://www.gt-yamagata.com/info/2022/11/001333.html

2022年11月 2日

「大江町山里交流館 やまさぁーべ」館長 佐々木隆馬さん【山形新聞記事掲載】

 

山形県大江町にある「大江町山里交流館 やまさぁーべ」の佐々木 隆馬(りゅうま)館長が山形新聞「多文化ヤマガタ探訪記」で紹介されました。

「やまさぁーべ」さんは、当協議会の会員でもあり、『やまがた農泊体験塾』夏企画では、“目指せ!昆虫マスター”と題して、小学生限定で昆虫づくしのディープな3日間を実施するなど、現代社会においてこどもたちが目を輝かせて体験できる貴重な居場所となっています。

子どもの頃から生きものが大好きで、毎日虫取りをして過ごす幼少期を過ごしていたという佐々木館長。

壊れゆく自然の現状を知り、自然を守る仕事を志したそうです。

その後は自然学習指導員として経験を積み、2015年に大江町に移住、様々なイベント体験や情報発信で地域の自然や生き物を熱心に伝え続けています。(※やまさぁーべHP参照)

 

YouTubeチャンネル「むしラボ ファミリー」では、佐々木館長ファミリーが自然と生き物に触れながら生き生きと情報発信している動画が見れますのでご覧あれ。 

▶▶▶YouTube 「むしラボ ファミリー」 チャンネル登録 

▶▶▶イベント情報やつぶやき情報はこちら やまさぁーべFacebook 

 

 

「山形新聞2022年10月27日」

ヤマガタ探訪記(やまさぁーべ佐々木さん)20221027_s.jpg

2022年10月31日

しらい自然館休館のお知らせ

しらい自然館からのお知らせです。

 

しらい自然館休館のお知らせ

 

秋冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当館はボイラー機器入替工事に伴いまして令和4年11月28日~令和5年3月31日まで休館とさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い申し上げます。

休館中の宿泊予約、お問合せにつきましては今まで通りの電話番号(転送電話)、メールアドレスで承ります。

 

                    遊佐町白井新田字見晴野21番地

四季の森 しらい自然館

                   支配人 齋藤 裕樹

TEL0234-72-2069

Mail : shiraishizenkan@bz04.plala.or.jp

 

 

2022年10月28日

清流と山菜の里ほその村 五十嵐さん国交大臣賞 受賞

当協議会会員の「清流と山菜の里ほその村」会長 五十嵐 幸一さんが、令和4年度の地域づくり表彰で国土交通大臣賞(地域づくり部門)を受賞しました。

地域資源を生かした山村集落活性化の取組みが評価された今回の受賞、心よりお祝い申し上げます。

 

 

(尾花沢市細野地域)

細野地区では、過疎化と高齢化が進む集落の将来を懸念し、平成18年度から3年間をかけて地域内にある資源の調査を行いながら、地域の将来を考えました。

これを踏まえて、豊かな自然を活かした地域おこしに取り組むために平成22年に地域の全世帯による「清流と山菜の里ほその村」を発足させ、地域外の人々との交流イベントを開始しました。

翌23年には地域のお母さん達の活動の場として農産加工施設「かあちゃん広場」を整備し、加工販売を行うとともに、27年にはみそ蔵を改装して「農家レストラン蔵」をオープン、地域の食材をふんだんに使ったおもてなし料理を提供しています。

令和4年度には宿泊施設「民泊耕房 とら豆」が開業、宿泊をしながら細野地区を楽しむことができるようになりました。

 

2022.10.27Hosono.jpg

「山形新聞 2022年10月27日」

2022年10月25日

県民の皆様に対する検査受検の協力要請について【山形県庁】

県より新型コロナウイルス関連のお知らせです。
 
 
 
県民の皆様に対する検査受検の協力要請について(依頼)
 
日頃から新型コロナウイルス感染症の感染 拡大防止に御理解、御協力を賜り、 厚くお礼申し上げます。
さて、陽性者の早期発見と感染拡大防止を図るため、新型インフルエンザ等対策特別措置法第 24 条第9項に基づき、感染不安を感じる無症状の県民の皆様に対し検査を受けることを協力要請し、当該検査を無料で実施しているところですが、県内 の 新規陽性者数は依然として 高い水準にあります。
つきましては、検査受検の協力要請及び無料検査の実施期間を 、別添のとおり 1 1 月 30 日まで延長することといたしましたので、 趣旨を御理解のうえ、 これらの取組 に御協力くださいますようお願い申し上げます。
 
※無料PCR等 検査 特設サイト https://yamagata pcr.com/
 
2022.10.25-001.jpg

2022年10月20日

「原木シイタケの収穫体験」参加者募集中

~2022農業体験in川西町~

【11月13日開催】イベント型農業体験

「原木シイタケの収穫体験」参加者募集中

 

里山名人「玉庭森組」さんが栽培を行っている会場で、原木シイタケの収穫体験を開催します。

原木からたくさん出ているシイタケの中から、おいしそうなものを収穫し、お一人あたり1㎏をお持ち帰りとなります。

当日は、玉庭森組の皆さんがおいしいシイタケの見分け方を教えますので、初めての方でも楽しみながらご参加いただけます。

お友達やご家族、お一人でもご参加いただける体験となっていますので、お気軽にご参加ください。 

 

 

◆イベント型農業体験

「原木シイタケの収穫体験」

〇開催日時

 令和4年11月13日(日)

〇開催時間

 集合:9時 解散:11時30分(予定)

 集合場所:川西町交流館「あいぱる」(川西町大字吉田4690)

〇内  容

 原木シイタケの収穫体験

※お一人当たり1kg持ち帰り

〇料  金

 大 人   2,000円

 中学生以下 1,500円

 未就学児以下無料(シイタケの持ち帰り無し)

〇参加人数

 15名

〇締切日

 11月8日(火)

 

◆申込方法について

メールまたは電話、ファックス、専用フォームからお申し込みください。

 メール: info@satonokurashi.jp (24時間受付)

 電 話: 0238-54-3006

 FAX: 0238-54-3007 

 専用フォーム https://forms.gle/4TFvFEDgiVQNsDSh8

 

◆確認事項について

①天候や生育状況により内容変更や中止になることがあります。

②使用器具の消毒や消毒用アルコールの設置など、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底開催します。

③新型コロナウイルス感染予防により内容の変更や中止になることがあります。

 

原木シイタケ収穫体験(表面)-1.jpg

関連リンク
https://forms.gle/4TFvFEDgiVQNsDSh8
問い合わせ先
やまがた里の暮らし推進機構
TEL
0238-54-3006
FAX
0238-54-3007 
Eメール
info@satonokurashi.jp (24時間受付)
PDFファイル
原木シイタケ収穫体験申込書.pdf
固定リンク
http://www.gt-yamagata.com/info/2022/10/001327.html

月別 アーカイブ