« ボランティア募集 「森の休日」で子どもたちをサポート | ホーム | 令和3年度 会員名簿を更新しました  »

2021年3月26日

一般社団法人日本ファームステイ協会(ご案内)

 

農泊品質向上オンラインセミナーを開催しました。

 

 さる3月17日(水)、オンラインで農泊品質向上セミナーを実施いたしました。

 本会は、設立当初より掲げていた農泊地域全体の品質向上を目的とした、客観的基準に基づく品質評価支援制度を令和3年度より開始いたします。

 会員の皆様をはじめ、農泊を実践されている関係者様などに、農泊品質評価支援制度の概要についてのご説明とともに、先進的に国内でホテル・旅館等の品質認証を実施している、一般社団法人観光品質認証協会(サクラクオリティ)統括理事北村剛史氏による基調講演のほか、北村氏、日本航空株式会社地域事業本部支援推進部地域アンバサダー室マネージャー関口喜美子氏、東洋大学名誉教授青木辰司氏、本会代表理事である上山康博氏による「with、afterコロナ時代における農泊施設の品質確保・向上のための品質評価および支援活動の意義と課題」をテーマとしたパネルディスカッションの模様を配信いたしました。

 なお、セミナー当日見逃された方やご関心のある方は、下記URLでセミナーの模様を配信しておりますので、是非ご視聴ください。

  アーカイブ動画視聴はこちら(時事通信社ウェブサイト)

  講師のプレゼンテーション資料のダウンロードはこちら(firestorageウェブサイト)

 

「農村プロデューサー養成講座」が始まります。


 農林水産省では、来年度5月より、地域へ愛着を共感を持ち、地域住民の思いを汲み取りながら、地域の将来像やそこで暮らす人々の希望の実現に向けてサポートする人材を育成するための講座を開講します。入門コースおよび3段階の実践コースで構成され、地域づくりに造詣の深い多彩な講師陣による講演が予定されています。

応募方法等の詳細は未公開ですが、情報が更新されましたら、今後も本メールマガジンにてお知らせいたします。

  農林水産省 農村プロデューサー養成講座のページはこちら


 

「ディスカバー農山漁村の宝」選定地区の概要公開


 農林水産省では、2014年より農山漁村のポテンシャルを引き出し地域の活性化や所得向上に取り組む優良事例を選定し、全国に発信する取り組み「ディスカバー農山漁村の宝」を実施しております。昨年11月に本年度の地域が選定され、取り組みの概要が公表されております。また、過去の受賞地域のフォローアップ調査の結果も公表されており、皆様の活動の参考となる情報が掲載されているかもしれませんので、ぜひご覧ください。

  ディスカバー農山漁村の宝 本年度の選定地域紹介はこちら

  ディスカバー農山漁村の宝 本年度の選定地域フォローアップ調査結果はこちら

 

 

一般社団法人 日本ファームステイ協会(JPCSA)


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gt-yamagata.com/cms/mt-tb.cgi/226

コメントする