2021年10月11日

「米の匠みのりガーデン」が朝日放送テレビで紹介されます!

 

秋も深まり、新米の季節がやってきました。

 

さて、お知らせです。

新庄市で米農家を営む「米の匠みのりガーデン」が、10月16日(土)朝8時からの「朝だ!生です旅サラダ」の全国放送で紹介されることになりました!

 

「米の匠みのりガーデン」の五十嵐成生さんが
~ワンランク上のおいしさを毎日の食卓に~をテーマに丹精込めて作ったお米は
日本最大の米コンクール「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」で
国際総合部門 3年連続特別優秀賞を受賞しています。

 

実りの秋を迎える中、番組ではどんな様子が紹介されるか楽しみです。

ぜひ、みなさんご覧になってみてくださいね!

 

 

「米の匠みのりガーデン」

※ご注文は直送のみで、自宅での直売は行っておりません。

ご用命の際は下記の電話番号までお電話ください。

ご注文連絡先:080-6057-8285

農~んびりやまがた発見ナビ情報はこちら

2021年9月22日

【食べに行ってみた通信 vol.20】おやさいcafe AOMUSHI

新庄市にある「おやさいcafe AOMUSHI」でランチはいかがでしょうか。

体喜ぶ、新鮮野菜を使ったお料理がうれしいですね。

これから秋の季節、ドライブがてら、ぜひ食べに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

日替わりお野菜ピッツァのセット ~なすとサラミのトマトピッツァ

 

食べに行ってみた通信もぜひご覧ください↓

【食べに行ってみた通信 vol.20】おやさいcafe AOMUSHI | やまがたグリぐる 農園ランチめぐり (y-guriguru.com)

【食べに行ってみた通信 vol.19】マッシュルームスタンド舟形

舟形町にある「マッシュルームスタンと舟形」。

店内ではフレッシュなマッシュルームがグラム単位でとてもリーズナブルに購入できます。

断然お得で、さらに鮮度も抜群なマッシュルームが買えるのでリピーターになること間違いなし!

 

他にはない『マッシュバーガー』は、食べ応えもあり、おすすめです。

 

 

 

ぜひ、食べに行ってみた通信をご覧になって、足を運んでみてくださいね♪

 

【食べに行ってみた通信 vol.19】マッシュルームスタンド舟形 | やまがたグリぐる 農園ランチめぐり (y-guriguru.com)

2021年9月 2日

【食べに行ってみた通信 vol.18】CAFE WHPPI

大江町にある「CAFE WHPPI」の農園ランチめぐりをご紹介します。

ログハウス調のおしゃれなお店でいただくお料理は、地元の農家さんが届けてくれる新鮮で安心安全な食材を使っています。

ゆったり過ごせる空間で、体にやさしいランチを食べて思わずにっこり。

 

お店に行けば、可愛らしい看板犬(コーギー)に会えるかもしれませんよ。

 

食べに行ってみた通信はこちらから↓↓↓

https://y-guriguru.com/2021/08/25/vol-18/

 

 

2021年8月11日

【食べに行ってみた通信 vol.17】お休み処 一福や

 

「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり2021」

 

金山町で、最上地域の旬の食材を使用した御膳や軽食を提供している「お休み処 一福や」。

農園ランチの『イザベラ・バード』御膳がこれまたおいしそうですね~。

 

食べに行ってみた通信では、お店の様子をお届けしています。

ぜひ、ガイドブックを持って食べに行ってみませんか。

 

 

 

☆お休み処 一福やの食べに行ってみた通信はこちら★

食べに行ってみた通信 

 

2021年8月 4日

【食べに行ってみた通信 vol.16】Cafe&Dining 990

 

「やまがた農園ランチめぐり2021」実施中!

 

32店舗掲載のガイドブックの中から、山形市にある「Cafe&Dining 990」をご紹介します。

山形駅から徒歩約17分のところに、「Cafe&Dining 990」があります。

同建物の「紅の蔵」裏手に50台分の駐車場が完備されているので、車で来ても安心してお食事が出来ます。

落ち着いた店内で、ゆったりと涼みながらの農園ランチを召し上がってくださいね。

 


『山形ベジフルランチプレート』

 

食べに行ってみた通信の詳細はこちらから

 

 

 

 

2021年7月28日

【食べに行ってみた通信 vol.15】産直とごはんとおやつ 農haco

 

夏も本番、暑い日が続く毎日ですが、

「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり2021」ガイドブックを片手に、

農園ランチめぐりはいかがでしょうか。

食べに行ってみた通信vol.15では、東根市にある人気の「産直とごはんとおやつ 農haco」の魅力を発信しています。

ぜひご覧になってみてください。

 

【食べに行ってみた通信vol.15 】産直とごはんとおやつ 農haco

2021年7月27日

「第1回全国農泊ネットワーク宮城大崎大会」開催のご案内

一般社団法人日本ファームステイ協会【お知らせ】

「第1回全国農泊ネットワーク宮城大崎大会」開催のご案内


 緑豊かな農村地域において、その自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動であるグリーン・ツーリズムは、全国各地で多様な活動の展開が図られてきました。

現在、農山漁村の魅力を活かし、価値共有を通じて、持続的な農村ビジネスとして成立させる仕組みとして「農泊」の推進が全国各地で展開されています。

この農泊推進に向けた動きを踏まえて、その歩みをさらに確かなものにしていくため、

全国の農泊推進地域・団体の実践者や自治体、企業などが一堂に会し「グリーン・ツーリズムの成果を活かし、農山漁村の持続的発展へ」をテーマに意見・情報交換と相互交流のネットワーク構築を目的として、「第1回全国農泊ネットワーク宮城大崎大会」を開催します。以下の内容をご確認頂き、是非お申し込みください。

 

1回全国農泊ネットワーク宮城大崎大会

「グリーン・ツーリズムの成果を活かし、農山漁村の持続的発展へ」

(主催:第1回全国農泊ネットワーク宮城大崎実行委員会)

 

・開催日:令和3年9月4日(土)~ 5日(日)

     (みやぎ体感オプショナルツアー 令和3年9月5日(日)~6日(月))

・メイン会場:岩出山文化会館(スコーレハウス)/宮城県大崎市

・分科会:やくらい林泉館、湧谷公民館、大崎市図書館、

     中新田交流センター、公園の中の宿ロマン館

・開催方法:会場参加・オンライン参加 併用開催

      1日目メイン会場(300人)、2日目各分科会場(50人)

・参加対象者:農泊、グリーン・ツーリズム実践者

       農山漁村の資源活用に興味・関心のある方など

・大会参加費

      ⑴大会参加費:3,000円/人(1日のみ参加の場合は2,000円/人)

      ⑵交流会費:4,000円/人

      ⑶オンライン参加:個人2,000円/人、団体10,000円/人(資料5冊付き)

      ⑷昼食代(弁当代):1,000円/人(2日目)

      ⑸オプショナルツアー:各コース実費負担

 

 

以下のWEBサイトより「参加申込書」をダウンロードし、必要事項を記載の上、メールまたはFAXにてお申込みください。(先着順)

一般社団法人 みやぎ大崎観光公社HPはこちら

大崎市公式HPはこちら

【 1次募集締切:730日(金)

ご案内チラシはこちら

募集要項はこちら

 

 

2021年7月20日

農家レストラン 草木庵 【食べに行ってみた通信 vol.14】

 

村山市にある「農家レストラン 草木庵」のたもやま膳は、味の良さはもちろん彩りやバランスのよい御膳で、つい見とれてしまいます。

ゆったりと食事を楽しんだ後は、夏の虫の声を聴きながら、リラックスするのもいいですね。

 

 

※草木庵さんの農園ランチは3日前まで要予約となりますのでご来店の際はお気を付けください。

 

 

【食べに行ってみた通信】はこちらから↓↓↓

【食べに行ってみた通信 vol.14】農家レストラン 草木庵 | やまがたグリぐる 農園ランチめぐり (y-guriguru.com)

 

2021年7月15日

漆山果樹園&カフェ【食べに行ってみた通信 vol.13】

 

「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり2021」

 

やまがたは、おいしいぶどうの季節がやってきました!

南陽市にある「漆山果樹園」は、果樹農園となりにカフェを併設しているので

ぶどう狩りやお買い物を楽しんた後は、カフェでゆったり、おいしいスイーツを楽しむことができます。

ガイドブックを片手に、果樹園でとれた果物を使った農園スイーツ「漆山果樹園のティーセット」を、味わってみませんか。

 

 

 

こちらもご覧になってみてください。↓↓↓

【食べに行ってみた通信 vol.13】漆山果樹園&カフェ