2020年7月 7日

農園ランチめぐり【食べに行ってみた通信】を更新しました

 

「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり」の【食べに行ってみた通信】を更新しました。

【食べに行ってみた通信】 畑のごちそう ナチュラルカフェ

gy_5103.jpg

 

畑のごちそう ナチュラルカフェ

住所
山形県山形市松波4-10-15
電話
023-633-7776
営業時間
7:30~18:00
※ランチタイムは15:00まで
定休日
年中無休

 

2020年7月 6日

農園ランチめぐり【食べに行ってみた通信】を更新しました

 

「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり」の【食べに行ってみた通信】情報を更新しました。

【食べに行ってみた通信】やまや園 ピザリア

 

gy_09_4965-1024x1024.jpg

 

やまや園 ピザリア

住所 山形県山形市中野目赤坂2162-8
電話 023-663-1234
営業時間 
ランチ  11:00~15:30(14:30 L.O.)
ディナー 18:00~22:00(21:00 L.O.)
※土・日・祝日は11:00~11:30までご来店いただける方のご予約を承っております。
それ以降にご来店のお客様はご来店順となります。
定休日 火曜日(祝日の場合は営業、振替休あり)

 

 

2020年7月 1日

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内

 
 

 

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内
JPCSA通信 Vol.22

2020年6月30日発行

 
 

 

 先月末、全国で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、今月19日には都道府県をまたぐ移動制限もなくなりました。最近は、東京の街中にも少しずつ活気が戻ってきており、飲食店やデパートなどあらゆる店舗では、3密を避ける様々な工夫をしながら、with コロナの新しい時代に人々がなじみ始めている様子を伺うことができます。農泊に取り組む皆様におかれましては、まだまだ多くの課題を抱えられていることと存じますが、少しでもお力になれればという思いで、この度「農泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」を作成いたしました。本メールマガジン内にて、ご紹介しておりますので、ぜひご活用いただければと思います。

 さて、今回は下記の内容で<JPCSA最新情報>、<農泊関連情報>をお届けいたします。

 「社員総会・理事会・評議会」開催のご報告

 「農泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」の作成

 「農泊手引き」を作成、無料公開しています

 農泊相談所の対応に関するお知らせ

 新型コロナウイルスに関連したセーフティネット等のお知らせ

 


 

 

JPCSA最新情報>

 

 

 

「社員総会・理事会・評議会」開催のご報告

 6月19日(金)に東京都中央区銀座にある『時事通信ビル』(※後述)にて社員総会・理事会・評議会を開催し、前期の事業報告や、今期の事業計画を発表しました。また、『コロナ時代における農泊の展開方針』について、公的機関、観光、農業、メディアなど役員の様々な専門的視点から新たな農泊の需要や可能性が議論されました。この内容につきましては、今後改めてご報告いたします。

 本会議の概要は以下のとおりです。

 

2020年度 活動計画概要】

 本会が現在の農泊において課題と考える『情報格差』や『レベル格差』、『人材不足』と『with コロナ時代の農泊地域づくり』に対して、今年度は3つの方向性から活動に取り組み
ます。

 (1)コロナウイルス対応策の浸透、(2)アフターコロナの需要創造、(3)残された課題の解決支援

 

これら方向性をもとに、今年度新たに取り組む活動は次のとおりです。

 

 


 今期も微力ながら皆様のお力となれるよう尽力して参りますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

 なお、今期の理事・顧問・監事は次のとおりです。

 

 

 
 

 

「農泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」の作成

 各業界において新型コロナウイルス対応ガイドラインが作成されておりますが、農泊に携わる会員の皆様におかれましては、対応に苦慮されているのではないでしょうか。

 本会では、宿泊業、外食業団体、観光施設、旅行業界等の対応ガイドラインを基本としつつ、全国の農泊事業者の実状を勘案して「農泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」を作成しました。

 本ガイドラインは、現時点において必要と考えられる対策を例示した内容となっております。ご参考にしていただき、各施設の実状に合わせた対策を講じていただきますようご案内いたします。

 また、本会では、本ガイドラインに則った講習会等を準備しておりますので、お気軽にご相談ください。

 農泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン:
 https://jpcsa.org/press/ncguide-200629.pdf

 
 

 

「農泊手続き」を作成、無料公開しています

 前回のJPCSA通信でもご案内差し上げましたが、当会の幹事会社の (株)百戦錬磨、(株)農協観光、(一社)全国農協観光協会3社では、令和元年度農山漁村振興交付金事業において、「農山漁村地域の所得向上・活性化のための農泊手引き」を作成、無料公開しております。

 はじめて農泊地域づくりにチャレンジする皆さんや、現在農泊地域の取り組みを牽引する担い手の皆さんを対象に、自立的かつ持続的にビジネスとして実践していくために作成された、日本で初めての「農泊」の総合的な手引きとなっておりますので、ぜひご覧ください。

 農泊手引ダウンロードページ:https://www.hyakuren.org/20200331_news01/

 
 

 

農泊相談所の対応に関するお知らせ

 本会では、農泊に取り組む皆様のお困りごとを解決するために農泊相談所を設置し、ご相談をお受けいたしておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、面会形式および電話でのご相談を中止させていただいております。

 なお、電子メールでの対応につきましては、引き続きお受けいたしております。ご希望される方はリモート会議システムでのご相談も可能ですので、お気軽にご相談ください。

 農泊相談所のページ:https://jpcsa.org/concierge/

 
 

 

 

<農泊関連情報>

 

 

 

城泊・寺泊による歴史的資源の活用オンラインセミナーを開催します!

 観光庁では、訪日外国人旅行者の長期滞在や旅行消費額の増加等を目指し、全国各地に点在する城や社寺を、日本ならではの文化が体験できる宿泊施設(城泊・寺泊)として全国的に周知し、城泊・寺泊の具体的イメージをもっていただくことを目的に「城泊・寺泊による歴史的資源の活用オンラインセミナー」を開催いたします。

 この事業は、本会の幹事会社である全国農協観光協会が事務局となり、代表理事を務める株式会社百戦錬磨 代表取締役社長の上山が城泊のトークセッションに登壇いたします。

 今後国内外の旅行者を地域へ呼び込む一つの方法として、農泊と城泊・寺泊の連携も有効になってくるかと思いますので、ぜひこの機会にセミナーへご参加ください。

   日時:

   城泊編 8月6日(木)13:30~15:40  寺泊編 8月7日(金)13:30~15:40

 

   対象者:

   観光地域づくり法人(DMO)

   民間事業者(宿坊経営者、寺社関係者)

   地方公共団体

   その他民間団体

 

   募集人数:各回200名(先着順)

 

   参加費:無料

 

   お申し込み:事前申し込みが必要です。下記Googleフォームよりお申し込みください。

   https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdNgzO7DbU7lmGBHSFyL-1lH-
   EKx_Caob7QfG72da-sDgnXcA/viewform

 

   観光庁ページ:https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000304.html

 

なお、お問い合わせにつきましては、運営事務局へご連絡ください。

 

 

 

新型コロナウイルスに関連したセーフティネット等のお知らせ

  国による農業従事者に対する支援をお知らせいたしますので、ぜひご覧ください。支援の詳細や質問等につきましては、相談窓口までご連絡いただきますようお願いいたします。

 

農林漁業経営の維持安定が困難な農林漁業者を対象とした農林漁業セーフティネット資金

融資制度と相談窓口(日本政策金融公庫):
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19_a.html

 

農業保険の保険料等の支払い期限の延長

支援内容と相談窓口(農林水産省):
https://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/attach/pdf/index-138.pdf

 

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様への経営支援策パンフレット

支援内容と相談窓口(経済産業省):https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

中小企業者対策としてのセーフティネット保証制度

保証内容、対象、窓口など(経済産業省中小企業庁):

https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_gaiyou.htm

 

中小企業向け補助金・支援情報

ミラサポplus(経済産業省中小企業庁):https://mirasapo-plus.go.jp/

上記サイト内の全国相談窓口:https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/5224/

 

各都道府県による補助金・融資等に関する情報

J-Net21(独立行政法人中小企業基盤整備機構):

https://j-net21.smrj.go.jp/support/tsdlje00000085bc.html

 

 

 
 
 
 
 
 

 

2020年6月17日

募 集 情 報(会員向け)

 

 

会員連携による新たなコラボ事業のアイデアを募集します

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、当協議会には、農園や農家レストラン、体験施設、農家民宿、直売所など様々な分野の方がいらっしゃいます。

そこで、当協議会では会員間が連携する新企画を募集します。

ぜひ、皆様からの積極的なアイデアをお待ちしております。現在会員ではない施設等との連携企画も可能です。(※但しご入会いただくことが条件になります。)詳細については裏面をご覧ください。下記のアイデア企画提案用紙にご記入の上、当事務局までFAXまたはメールにてご返信ください。※申込み期限 7月31日(金)まで。なお、募集は〆切後も随時受け付けています。

 

【アイデアの例】

☆コーヒー講座や味噌作り講座などの出前講座をしてもらいたい

☆人手不足の農家と農家民宿が連携し、宿泊付きのボランティアアルバイトを募集

☆レストラン×農家で農作物の仕入れと販路拡大

☆ワークショップやプチマルシェの開催 ☆農作業手伝い×宿泊の受け入れ

☆くだもの狩り×体験  ☆農家民宿×商品販売 ☆商品開発のコラボ 等

 

アイデア企画 提案用紙(〆切 7月31日(金)まで)
申込先:山形県グリーン・ツーリズム推進協議会事務局
FAX番号:023-647-8352(添書不要) メール:gt-yamagata@festa.ocn.ne.jp

2020.6.18-001.jpg

 

会員連携による新たなコラボ事業の実施について

 

■目的

 協議会には様々な分野の会員がおり、これらの多様な会員が連携し、協働して企画を実施することで会員同士のコミュニケーションが生まれ、販路の開拓や来訪者の拡大に繋がっていくことから、このような会員間の新たなコラボ(連携・協働)事業の創出を促していく。

 

■実施方法

 下記の4段階での支援を行いながら、新たな事業の実施に結び付けていく。

(1)会員間でコラボするアイデアの募集

   会員間での連携・協働による新たな企画や体験イベント等のアイデアを募集

(2)連携の相手方との会員間のマッチング

  ・事務局では、アイデア企画の提案のあった会員から内容の詳細を伺いながら、連携の相手方となる会員の選定後、アイデア企画への協力の打診を行い、了承を得た上で、両者の面談の場を設定する。

(3)会員間での実施企画の構築(アイデアの具体化)

  ・提案を行った会員が主体となり、コラボする会員の協力を得ながら、実施に向けた検討を行い、具体的な実施企画を構築する。

  ・事務局では、会員からの要請に基づき、検討の場に参加し、必要な支援を行っていく。

(4)事業化への支援

   事務局では、具体的な企画の実施の際に、次の支援を行う。

  ①活動経費の支援

    協議会の受入態勢整備事業助成金の中に新たに設定した「協働企画実践支援事業」の支援メニューを活用して活動経費の一部を助成

  助成対象者は実施の主体となる会員(提案者)、助成額は3万円を上限

  ②協議会Webサイトでの情報発信

「新着イベント情報」コンテンツや「農山漁村体験情報」コンテンツに新たに開設する「農山漁村体験イベント」ページを活用して情報を発信

 

■会員間でのコラボ企画の例 (現時点で下記の企画が進展中)

 《会員コラボ企画①》だいちゃん農園×農家レストランカームヒル

・企画内容 農園で野菜や果樹の収穫を楽しんだ後、農家レストランのシェフの指導の下に採りたての食材を使ってクッキングし、参加者でランチを楽しむ企画

・開催日  10月の土日のいずれか1日を予定

《会員コラボ企画②》やまがた朝日屋×ネット通販掲載を希望する複数の会員

・企画内容 新型コロナウイルスの感染拡大により、会員の農産加工品等の販売への影響が懸念されることから、インターネット通販を運営する会員が中心になり、ネット掲載を希望する会員と連携したインターネット通販企画

・掲載時期 5~6月中を予定

 

募 集 情 報(会員向け)

 

会 員 各 位

 

“農山漁村を楽しむ”体験イベント情報を発信しませんか(募集)

 

日頃は大変お世話になっております。

さて、当協議会では当ホームページに開設した農山漁村体験情報コンテンツ内に新たに「農山漁村体験イベント情報」ページを追加したいと考えております。

このページでは、農山漁村を楽しむことのできる体験イベント等の情報を会員の皆様からご提出いただき、これらを一覧化し、当協議会の推奨イベントとして対外的に情報発信をしてまいります。

つきましては、下記のとおり会員の皆様からの体験イベント等を募集いたしますので、「農山漁村体験イベント情報」ページに掲載を希望される方は、別添「体験イベント情報 掲載申込書」にご記入の上、下記によりお申込みください。

 

1.提出方法  当協議会までメールにてご提出ください。

2. 申込み期限 令和2年7月31日(金)

3. 募集方法

  ① 要 件(下記の全てに合致する体験イベント)

1)当協議会の個人会員及び組織会員が主催する体験イベント

   行政会員が主催するイベントは対象外といたします

※なお、総合支庁や市町村が実施する体験企画やイベントの情報に関しては、
 当該コンテンツへのPDF又はリンクでの掲載とします

2)農山漁村地域での農林漁業や生活文化、自然環境を活用した体験イベント

    ただし、さくらんぼ狩りは対象外といたします

※別途「さくらんぼナビ」での情報発信を行っているため

3)期間限定の体験イベントで、主催者が対外的に参加者を募集するもの

4)主催者により安全対策が確保されているもの

   ② 体験イベントの実施時期

令和2年9月から3年8月末までに実施予定の体験イベント

実施日が未定の場合は「〇月上旬」のように記載ください。後日、実施日が決定後に実施日を修正いたします。

2020-6-17-1.jpg

 

 

2020年6月 3日

令和2年度山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 総会(報告)

 

 

令和2年度山形県グリーン・ツーリズム推進協議会 総会は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、書面協議による開催となりました。
書面審議の結果、議案についてはすべて原案どおり承認されました。

 

議案

1)第1号議案 「2019年度事業報告及び収支決算について」
2)第2号議案 「役員の改選について」
3)第3号議案 「令和2年度事業計画及び収支予算(案)について」

 

 

山グ推協 第 11 号

令和2年 6月 1日

 

会 員 各 位

 

山形県グリーン・ツーリズム推進協議会

会 長  新 関 徳次郎

 

                                                       

 

令和2年度総会の書面審議結果について(報告)

 

 会員の皆様には日頃より当協議会の活動にご理解とご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、今年度の総会を書面審議による開催に代えさせていただき、会員の皆様には審議事項に関する書面議決書のご提出をお願いしておりました。ご協力をいただき、大変ありがとうございました。

今般、会員の皆様からのご回答をもって、下記のとおりに決定いたしましたことをご報告いたします。

 

1.書面議決書の提出数

      会員数232名中126名

 

2.議 事

(1)第1号議案「2019年度事業報告及び収支決算について」

     賛成126名、反対0名

(2)第2号議案「役員の改選について」 

  賛成126名、反対0名

(3)第3号議案「令和2年度事業計画及び収支予算(案)について」

       賛成126名、反対0名

 

3.審議結果

協議会規約第9条第3項「総会の議事は出席会員の過半数の賛成をもって決す」により、第1号議案から第3号議案までの議案は、過半数の賛成をもって決定されました。

 

4.議決日  令和2年6月1日

 

 

 

 

2020年5月28日

紅大豆オーナーに参加してみませんか

 

 

紅大豆オーナーに参加して、地域と交流、収穫体験をしてみませんか?

豊かな自然に囲まれた川西町で、伝統野菜「紅大豆」を育てながら交流と農村の魅力を体験できる『紅大豆オーナー』に参加して、楽しい出会いとおいしい昼食で一緒に交流しましょう。

親子での参加も大歓迎! ぜひご参加ください。

 

チラシは右記の表示をクリックしてご覧ください。  表示

2020.5.28-002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お申込み・お問合せ先

やまがた里の暮らし推進機構

TEL:0238-54-3006
FAX:0238-54-3007
Mail:info@satonokurashi.jp

 

 

 

 

2020年5月21日

やまがた朝日屋とのコラボレーション企画!

 

 

当協議会では、会員のみなさんを対象にしたコラボ企画を応援しています!

異なる分野でキラキラ光る人材が出会い、新しい企画を実施することでより明るい未来が開けるかもしれません。

当協議会では人と人を繋ぐお手伝いをスタートします!

会員向けに、会員同士が連携する企画アイデアを募集、人材のマッチングを行い成立した会員同士で協議しながら企画の具体化を検討していきます。

また、実施に要する必要経費の一部を支援します。

第一弾として、インターネット通販を行う「やまがた朝日屋」のウェブサイトに、

希望した当会員の商品を掲載販売する企画をスタートしました!

現在、河北町で飲食店を営む「まる梅」の商品が掲載されています!

 

山形グリーンツーリズム推進協議会コラボ

 

引き続き、会員の皆さんからのアイデア企画をお待ちしています。

 

 

やまがた朝日屋(産直通販) × 2020.5.21.gif

 

 

2020年4月27日

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内

 
 
 

会員各位

 新型コロナウイルスの感染者が拡大し、全国に対し緊急事態宣言が発出される事態となっておりますが、会員の皆様におかれましては、体調にお変わりはございませんでしょうか。3密(喚起の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面)を避け、くれぐれもご自身の体調管理にはお気をつけください。

 先日、農業や漁業、食品製造業の方が心を込めて作った商品を、断腸の思いで自ら廃棄している様子を見る機会がありました。その後、そのような商品が少しでも廃棄されず、消費者の手に渡るような取り組みがないか調べてみたところ、SNS上にて有志でWebページを立ち上げ、生産者と消費者の間で直接商品の取り引きができる仕組みを運営している方々を発見しました。

 もちろん、それだけでは生産者がこれまでと変わらない収入を得ることはできませんが、このような危機に直面するとき、ありそうでなかった発想や、普段眠っている共助の精神に触れることもあります。私個人としても、万が一に備え何ができるのかをあらためて考えておかなければと痛感した次第です。

 さて、今回は下記の内容で<JPCSA最新情報>、<農泊関連情報>をお届けいたします。

 
 平井会長理事からの挨拶

 「農泊手引き」を作成、無料公開しています

 農泊相談所の対応に関するお知らせ

 新型コロナウイルスに関連したセーフティネット等のお知らせ

 
 
 

<平井会長理事からの挨拶>

 
 

会員各位

平素より、日本ファームステイ協会の事業にご理解ご協力誠にありがとうございます。

今般の新型コロナウイルス感染症に罹患された方とそのご家族の皆様には謹んでお見舞い申し上げるとともに一日も早い回復を心よりお祈りいたします。

また、感染拡大防止に日々尽力されている医療機関や行政機関の皆様に深く感謝申し上げます。

会員の皆様も報道等でご承知のとおり世界的にも人の移動が制限され、国内においては「緊急事態宣言」が全国に拡大されるなど、観光業界にとっても深刻な影響をもたらしており、このコロナウイルス禍の終息が見通せない中で、不安を感じ心配されている方も多いことと思いますが、今は、政府が示す「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に則り、私たちひとりひとりが感染の拡大防止に努めることが重要と考えます。

政府は、感染症拡大の収束後に観光、運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント事業をターゲットとした大規模な支援策を予定しており、以前にも増して農泊の需要が高まることが期待されます。

それまでの期間は、現状の取組みの見直しや課題解決に向けた検討を行うなど来るべき時に備えていただきたいと考えます。

日本ファームステイ協会では、関係先への訪問や不急の会議の自粛、協会を運営する幹事会社によるテレワークの実施など感染拡大防止に努めておりますが、農泊相談所における相談業務はメールにより継続させていただいおりますので、ご活用いただければ幸いです。

会員の皆様にはご不便をお掛けしますが、現状をご理解いただき、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。

末筆になりましたが、会員の皆様におかれましては、健康にご留意いただき、農泊事業におけるご活躍をご祈念申し上げます。

一般社団法人 日本ファームステイ協会

会長理事 平井伸治

 
 
 
 

JPCSA最新情報>

 
 

「農泊手引き」を作成、無料公開しています

 この度、当会の幹事会社の (株)百戦錬磨、(株)農協観光、(一社)全国農協観光協会3社では、令和元年度農山漁村振興交付金事業において、「農山漁村地域の所得向上・活性化のための農泊手引き」を作成、無料公開しております。

 この「農泊手引き」は、有識者で構成された作成委員会のご意見よりまとめられ、農泊そのものの理解、農泊を実施しようとする地域の現状認識の重要性とその方法、重点化すべき取り組みや改善点となりうる内容別の項目が、発展段階別に解説されております。

 はじめて農泊地域づくりにチャレンジする皆さんや、現在農泊地域の取り組みを牽引する担い手の皆さんを対象に、自立的かつ持続的にビジネスとして実践していくために作成された、日本で初めての「農泊」における総合的な手引きとなっておりますので、ぜひご覧ください。

 

 農泊手引き:

 https://www.hyakuren.org/wp-
 content/uploads/2020/03/19e858d2f942d72b93ad87f812c2415b.pdf

 

 農泊手引き(概要版):

 https://www.hyakuren.org/wp-
 content/uploads/2020/03/da3ac3589187857d0c896f2407f5ae75.pdf

 
 

農泊相談所の対応に関するお知らせ

 本会では、農泊に取り組む皆様のお困りごとを解決するため、農泊相談所を設置し、ご相談をお受けいたしておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、面会形式および電話でのご相談を中止させていただいております。なお、電子メールでの対応につきましては、引き続きお受けいたしておりますので、お気軽にご連絡くださいますよう宜しくお願いいたします。

 

 農泊相談所のページ:https://jpcsa.org/concierge/

 
 
 

<農泊関連情報>

 
 

新型コロナウイルスに関連したセーフティネット等のお知らせ

  新型コロナウイルス感染症拡大により、経済的打撃を被っている団体等に対し、国や自治体では様々な支援策を講じています。今回は、農泊に取り組む皆様に関連のある情報を集めてみましたので、ぜひご覧ください。また、支援に対する質問等につきましては、相談窓口までご連絡いただきますようお願いいたします。

 ◼️経営の維持安定のための資金繰り、新たに販路拡大や省力化等に取り組むための施設
  整備に伴う資金が必要な農林漁業者の皆様への支援

  農林水産省 農林漁業者等への金融支援について:

  https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/attach/pdf/index-25.pdf

  日本政策金融公庫 相談窓口と融資制度:

  https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19_a.html

 

 農業保険の保険料等の支払い期限の延長

  農林水産省 支援内容と相談窓口:

  https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/attach/pdf/index-17.pdf

 

 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様への経営支援策パンフレット

  経済産業省 支援内容と相談窓口:

  https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

 

 事業の継続を支え、再起の糧となるための持続化給付金

  経済産業省 申請に関する詳細については、4月最終週を目途に公開:

  https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

 

 中小企業者対策としてのセーフティネット保証制度

  経済産業省中小企業庁 保証内容・対象・相談窓口など:

  https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_gaiyou.htm

 

 中小企業向け補助金・支援情報

  経済産業省中小企業庁 ミラサポplus

  https://mirasapo-plus.go.jp/

  上記サイト内の全国相談窓口:

  https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/5224/

 

 各都道府県による補助金・融資等に関する情報

  独立行政法人中小企業基盤整備機構 J-Net21:

  https://j-net21.smrj.go.jp/support/tsdlje00000085bc.html

 

 

ワケありくだもの どど~んとお届け!(株式会社やまがたさくらんぼファーム)

 

株式会社やまがたさくらんぼファームでは、

今年の新型コロナウイルス感染症の影響で、

海外のお客様も含め、来園されるお客様が少なくなると予想し、

なんと!

今年に限り、いつもの店舗の店頭でしか販売しない「わけあり品」という名称で

お安く販売している「くだもの」が販売されます!

期間限定ですのでお見逃しなく!

詳しくは、やまがたさくらんぼファームHPよりお申込みください。

ホームページURL

https://www.ohsyo-shop.jp/

 

469098.jpg     335164.jpg